柔道整復師が活躍する回復施術|リペアプローチ

スーツを着た男女のイラスト

PICK UP

スポーツに関わる仕事

電話して喜ぶ男性

スポーツに関わることが出来る職業として専属トレーナーの仕事があります。柔道整復師の多くの方が活躍しており、世界中の一流選手とともに第一線ではたらく環境があります。

More...

整形外科でも働ける

ネクタイをする男性

柔道整復師の資格を持っていると整形外科でも働くことが出来ます。スポーツトレーナーとしても働くことが出来るためより自由な働き方を選ぶことができると行ってもいいでしょう。

More...

求人を探す

笑顔の女性

柔道整復師の求人を探すには求人サイトを活用するといいでしょう。専門の求人サイトであれば様々な条件の求人を見つけることが出来ます。登録などをすることで未公開求人もチェックできます。

More...

一連の考え方

一定のハードル

柔道整復師になりたい、そう思うきっかけは人によって様々です。身近な人の支えになりたい、地域社会に関わっていきたい、とにかく手に職を付けたい、などのように、多種多様な理由で検討される業種です。
ここでわかっておきたいのは、柔道整復師になりたいと思ったとして、なりたいと言っていきなりなれるものではないということです。少し想像してみればわかるように、柔道整復師が提供する施術は人間の体に直接作用するものです。経験はともかく、技術と知識は間違いなく必要なのは容易に想像できるでしょう。
また、法律的な観点で見ても、柔道整復師の施術は資格を持っていないと提供できないことになっているため、最初から一定のハードルが設定されていることには目を向けたいところです。だからといって、超えられないハードルでもないということは、わかっておきたいところです。

ハードルを越えよう

ここで問題となるのが、どうやって柔道整復師になるためのハードルを超えるか、という点です。
資格を持っていないといけないということは資格を取れば良いということになるわけですが、そう簡単に取得させてくれるものでもありません。なぜなら、柔道整復師として認められるためには、専門の養成校に通って卒業する必要があるからです。
つまり、柔道整復師となるためにハードルを超えるなら、専門学校に通うのは必要不可欠だということです。同時に、仕事にありつくためにも、専門学校は欠かせない存在だということもはっきりします。
ですから、もしも柔道整復師として地域に関わっていきたいと思ったなら、まずは専門学校に通ってハードルを超えることが求められると心得たいところです。

スタートラインに立つ

柔道整復師の専門学校を卒業して、国家資格を取得しても、まだスタートラインに立ったわけではありません。資格を持っているだけでは、柔道整復師の資格も持っているそこら辺の通行人、すなわちモブキャラでしかありません。
よって、次に果たすべき段取りは、資格を取得した自分自身を雇ってもらえる、柔道整復師を募集している現場を見つけて潜り込むことです。この点は、専門学校の段階でも協力してもらえますし、自分でインターネットを駆使して見つけられるものでもあります。
柔道整復師としての本当のスタートラインに立つために、人材を求めている場所を見つけて、コンタクトを取って、雇い入れてもらうところから、本当の目的を果たす旅が始まります。
プロとしてのスタートラインに立つまで、ゼロ地点から就職まで、一本の線を引いておくのが重要だということを、まずは心得ておきたいところです。